MT4の使い方

MT4の使い方

MT4とは何かを解説

 

MT4とは
ロシアのメタクオーツ(MetaQuotes Software)社が開発し、提供している取引プラットフォームのことです。

 

MT4はメタトレーダー4(MetaTrader4)を約しているもの。

 

もちろん無料で使えます。

 

だから、さまざまな金融商品の取引に対応していますが、主にFXの取引ツールとして世界中のトレーダーに使われています。

 

MT4が、世界中の多くのトレーダーに使われていて人気なのは、

 

その豊富なチャート機能とカスタマイズ性の高さにあります。

 

まさに世界標準のFXツールと言ってもいいでしょう。

 

その中でも、多くのトレーダーが使っている理由が、チャート上にさまざまなインジケーター(分析ツール)を表示させることができるからです。

 

これは、(MT4)メタトレーダー4ならではの特徴です。

 

インジケーターは、自分で作成することはもちろん、世界中のトレーダーが作成したものをインターネット上から入手することもできるんです。

 

また、EA自動売買プログラム(エキスパート・アドバイザ)と呼ばれるものを入手して稼働させれば、プログラムに沿ってシステムが自動で取引してくれます。

 

これをシストレ(システムトレード)と言います。

 

このサイトで、おすすめしているEA自動売買ソフト(運用結果も公表)

 

過去の為替データを使って運用成績を検証するバックテストも簡単にできます。

 

メタトレーダー4(MT4)は誰でもネットから無料で手に入れることができます。

 

しかし、実際に取引を行う場合は、メタトレーダー4(MT4)専用の取引口座を提供しているFX会社に口座を開設する必要があります。

 

WindowsのOSで動きます。クラウド(VPS)を利用すればMacでも、インターネットにつながったパソコンがあれば、無料で使えるし、動作は速いです。

 

MT4をクラウドで動かすVPSとは

 

ちょっと昔のPCでも快適に動きます。

 

ちょっと難しくなりますが、テクニカル指標というものがあります。

 

これは、将来の値動きを予想する場合に欠かせません。

 

MACDや移動平均線、ストキャスティクス、フィボナッチがあります。

 

これらの値動きを予想する指標は、
日々世界のどこかで開発されていて種類はどんどん増えています。

 

現在、20以上の指標がありますが、使い方は人それぞれです。

 

誰もが使っている定番のテクニカル指標は、メタトレーダー(MT4)で表示できます。

 

また、誰かが開発したオリジナルのテクニカル指標があれば追加できます。

 

MT4を使うメリット・デメリット

 

MT4 のメリット

 

1 無料で使える。

 

2 EA(自動売買システム)を組み込んでトレードできる。

 

3 世界中のトレーダーが作ったインジケーターを導入できる。

 

4 自分の使いやすいインジケータを使える。

 

MT4 のデメリット

 

1 機能が多くて初めて使う人はそれなりの研究が必要

 

2 MT4が使えるFX会社が少ない。

 

MT4の入手先
https://www.metatrader4.com/

 

MT4使い方,FX,優秀なEA,FX自動売買

page top