FX利益は、どのようにして獲得するのか

FX利益は、どのようにして獲得するのか

FX利益は、どのようにして発生するのか

 

 

@ 為替差益(ある通貨を買って高くなったら売る。または、高い段階で買って安くなったら売る。その差益で利益を得る)

 

「為替差益」とは、安い価格で通貨を「買い」、高くなったところで売却するか、あるいは、高い価格で通貨を「売り」、安くなったところで買い戻して得られる利益のことです。

 

 

A スワップポイント(金利差で儲ける)

 

各国ごとに金利というものがありますが、その金利差で得られる利益です。

 

例えば、Aという国が日本より高金利通貨だった場合、日本は現在、低金利通貨ですので、ポジションによって「スワップポイント」が発生します。

 

このやり方は、毎日行うことができます。

 

B 証拠金とレバレッジ(ハイリスク・ハイリターンです)

 

FX会社に自分の口座に開設し、資金を入金してから始めます。

 

口座に入れた資金は証拠金と呼びます。

 

FXには「レバレッジ」という仕組みがあり、個人であれば、証拠金の最大25倍(国内の取り扱い会社)までのトレードが可能です。

 

外国の会社ではもっと高いものもあります。

 

FXは少ない資金で高額トレードが可能ですので、投資効率は高くなり良さそうですが、

 

逆に損失が発生した時は、レバレッジが高い分だけ、損失も拡大していきますので、注意を要します。

 

FX会社のスプレッド(手数料)にも注意!

 

C スプレッド(手数料)

 

日本国内のFX会社は通貨売買時の取引手数料は無料です。

 

そんなうまい話はないのです。通貨を市場で両替する時、「売買レート」に差があるため、売り買いの差分(スプレッド)を売買するたびに支払うことになります。

 

このスプレッドは、取引上のコストということになります。また、通貨ペアごとでスプレッドは違ってきます。

page top