通貨の価値はどのようにして決まるか

通貨の価値はどのようにして決まるか

通貨の価値はどのようにして決まるか

 

各国通貨間の価値関係とは

 

自国(日本円)の通貨または、外国通貨と外国通貨を交換することを短く訳してFXと言いいます。

 

正しくは、外国為替取引(Foreign Exchange)と言います。

 

外国為替取引を行う場を外国為替市場と言いまあ、分かりやすく言えば築地市場と同じです。ただ、扱うものが通貨であるということ。

 

通貨価値は、その通貨を発行している国の信用力(国力)で決まります。

 

ある国にとって国際関係で不利な状態や危機的状態になれば(国政が悪く、企業が倒産の倒産が多くなったり、

 

他国と戦争になったり)価値は下がります。その逆になれば信用増し、通貨価値も上がります。

 

その通貨の価値は国の信用力で決まる

 

国の信用力とは、さまざまな原因要素で変わります。

 

その国の通貨価値は、国の安定した財政や他国との貿易収支の状態、経済的に成長しているか、安全保障、金利の高低など、様々な事が影響してきます。

 

2020年11月現在で見れば1ドルは105円です。つまり、105円払わないと1ドル手にできないという事です。

 

次の日に104円で1ドル手にできたら、日本円の価値が上がったことになります。

 

この交換比率は、日々変動します。通貨の価値関係は日々変わるからです。

page top